FC2ブログ

「説明する」とは

さっちゃん
03 /04 2017

昨日、お忙しい中、所長が講義をしてくださいました。

①修繕費の認識基準

②修繕費と資本的支出の判断 について

結果としての仕分は切れているようですが、根拠があやふやで、それでは今後の判断基準も揺れてしまうので。

なぜ、そうなるのかという理由を聞いてなるほど、としっくりきました。人に説明する時には、理由のところをしっかり、また理解度に合わせてわかりやすい言葉で説明してあげるということが大事ですね。それができるようになるには、自分がきちんと理解していなければと思います。

勉強していることは無駄にならない、ということを仰っていました。今日は梅田で簿記の授業だったのですが、タイムリーに工事契約の範囲でした。3期にまたがるような大規模な工事になると進捗部分を当期分にする、進行基準というのもあると。昨日聞いた内容に密かにテンションが上がっていました。

簿記2級の段階でこの業界に入ってきていいのかと、不安もありましたが、勉強だけでは実際のイメージが湧いていなかったので、大変ではありますが、働きながら並行していく方法で良かったかなと思っています。

知識不足で打ちのめされてますが、めげずに頑張ります。脱・宿題をしない問題児!うまく生活のバランスを調節したいです。おすすめ方法あれば教えて下さい。

コメント

非公開コメント

 仕事をしていると不思議なもので、先日勉強したネタが数日後に実務で出会うという体験を何度となく経験しています。きっとその事を勉強したので自分の中のそれに対するアンテナが立つのでそんな風に感じるのでしょうね。我々の仕事の仕入れは勉強しかありません。「この仕事は儲からない。」なんていう台詞をよく耳にしますが、しっかり勉強すればそんな事は無い素晴らしい業界だと思いますよ。

アンテナが立っているのでしょうね。実務で出会ってなかったら、そんな基準があるのか、ぐらいでさらーっと過ぎていたと思います。春から始まる研修楽しみです。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。