FC2ブログ

高い買い物?

~2014
11 /22 2013
本屋で雑誌を眺めていたときのこと。
「あなた、○○という雑誌がどこに置いてあるかご存じないかしら?」
と年配の女性に声を掛けられました。
その雑誌、自分も好きで、時々読む雑誌(といっても、結構高いのでもっぱら図書館で借りてますが…)なので、すぐご案内できました。

「今月号も表紙が綺麗ね。やっぱりプロの写真は全然違うわよね。」
「写真良いですよね、この雑誌。私も好きです。」
なんてお話しつつ、やはり問題はお値段。

「ちょっとお高いのがね。」
「そうですね。」
「1回読んで捨てるのはもったいないから、うちでは3年置いてるの。今月だったら、机に今年、去年、一昨年の11月号を並べてね。そうすると、3年分の紅葉が楽しめるでしょう?」
「なるほど!3年楽しんだら十分もとがとれますよね。そっか、そういう手があったか。」
いわば、私的な減価償却って感じなのかな。

高くても良いものならば、何年もたったら結局もとが取れるんだから――
そんなお客さんサイドの思いを感じて
「仕事でも同じ、そういう風に思ってもらえるような仕事であれば、お客さんも事務所も双方満足でウィンウィンやんな。」とつくづく思いました。


お別れするときに、なにげなく質問。
「3年たったら新聞回収とかに出すんですか?」
「そんなもったいない!図書館に寄付してるわ。」

…なるほど。

コメント

非公開コメント

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。