FC2ブログ

合理的な形

~2014
09 /01 2013
妹とTVを見ていると、スミセイ(住友生命)のCM、スミセイの女性社員がビームで星座を「保険の合理的な形」に変えてしまう、というCMをやっていました。
ふと、妹から素朴な疑問が。

「ねーさん、保険の合理的な形って何なん?」
「え!え~合理的、合理的ねぇ?保険ったっていろんなタイプがあるし、前提がわからなかったら何が合理的かなんてわかんないし!!」

このCM言うところの「保険の合理的な形」、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、右肩下がりの直角三角形の形。
何が合理的なんかな、と思って調べてみると、家族を守るための期間必要な保障を準備する、ということのようです。

たとえばお子さんが独立されるまであと10年とすると、今は万が一に備えて10年分の生活費が保障として必要だけど、翌年は9年分の生活費、翌々年は8年分の生活費で良い訳ですよね。
そうやって年数を経るにしたがって必要な保障額が減っていくのをグラフにすると、確かに右肩下がりの直角三角形っぽい形になるかも。

「ふむふむ、必要な分だけの保障を準備し、長方形の保障にするよりも保険料が抑えられるから、この形を『合理的』って言ってるわけやね。」
納得したところで、妹に図を描いて説明。
「わかった?」
「いちおー。でもさ、CMではそんなこと一言も説明してないやん?合理的って言われてもわかる訳ないやん!」
「た、たしかに…。」

妹に質問されるまで「え、どういう保険を想定してるん?」というところまで思い至らなかったのは、疑問を抱く発想力というか気づきの力というか欠けていたな、と反省。
これも「負うた子に教えられ」になるの、かな??

コメント

非公開コメント

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。