FC2ブログ

コーチング

~2014
06 /25 2013
先日のシステム研修時に余談として、コーチングのお話を聞かせて頂くことがありました。
フローチャートではなく、1つのお話を読んでその登場人物について自分が好感を持った順番をつけるというところが面白かったです。

よくあるタイプの性格判断と一味違うと思ったのは、研修等でその資料を使用する場合、グループになって各自順番をつけた後、グループで意見を統一するためメンバーを自説に引き入れるよう説得するという点でした。
「だれに共感して好感を持つかなんて主観的なものやん。こっちの人の方が好感持てるやろ、なんて説得されるもんちゃうわ。」と最初は思ったのですが、先生がおっしゃった一言にハッとしました。

「税理士の仕事は、社長さんに良い方へ変わってもらうようにすること。
良い方へ行ってもらうために、時には説得したりきつく言ったりすることもある。」

そう考えると、そういうやり方でコーチングの方法を研修するというのも、自分がお客さんと話すときの引出しを増やすことになるな、と思いました。
伺ったところ、その研修には自分で参加されたとのこと。
自分の引出しを増やすだけでなく、そうして増えた知識を分け与えて下さる、というのは本当にありがたいです。

余談ですが、帰宅後家族にもその話をしてみました。
「誰にも好感持てへんねけど、まだマシかな、ていうのを選べば良いん?」なんていいつつ順位づけしてもらったら…
母と私、ぴったり一致しました!
顔はそっくりと言われるのですが、こんなところまで……ちょっとショックです。

コメント

非公開コメント

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。