FC2ブログ

ありふれたこと

~2014
06 /14 2013
こないだ久しぶりに弟や甥っ子と食事をする機会がありました。
百貨店のレストランフロアでお店を探していた時に発見したのが「table for two」というポスター。
「カップル限定の特別企画かな?」なんて思っていたのですが、実際は、「対象となるメニューを食べると、1色につき20円の寄付金がtable for twoを通して開発途上国の子どもの学校給食になる」という企画のことでした。

パッと見「食べるだけで寄付になるなんて手軽やん」というところに目が行きます。
でも、この企画で良いなと思ったのは、「for two」――2人とも健康になれるというメリットがあるところです。
実際にそのメニューを食べてみると、野菜多し!脂っけ少なし!!量も8分目(や、弟には少なかったようです…)!!!
めちゃヘルシー、それでいて満足感あり☆
自分がヘルシーなメニューを食べることが、ふだんあまり食べ物を十分にとってはいないかもしれないだれかの食事になり、その健康につながる、というのはオトク感がありますよね。

また、心に残ったのは、「食事は誰でも毎日必ずとるもの」ということば。
世界中のだれであっても、何を、いつ食べるかはちがっても、必ずごはんを食べる(食べれなければいけない)ということにかわりはありません。
大仰な行為でなくても、そんな毎日当たり前にやること、ありふれたことが寄付になる――そんな形もあるんですね。
「○○くんがここでごはんを食べたら、外国の子どももそれでごはんを食べるんだよ。」
「食べる」ことが「食べる」ことにつながる、目に見えるわかりやすさを甥っ子も感じてくれればな、と思いました。
……まだまだちびっこなので、しばらく先にはなりそうですが……

コメント

非公開コメント

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。