FC2ブログ

信頼関係とは

~2014
10 /20 2012
先週、今週と多くの研修に行かせて頂き、勉強になる事ばかりでした。消化しきれていない感じがあって自分でももどかしいですが…。
とりわけ印象に残った相続税のシステム研修ーー平成24年改正とそれに合わせたシステムの対応がメインテーマでしたが、1番感銘を受けたのは「システム以前の信頼関係が重要。」という講師の先生の言葉です。先生や奥様の実務の話を聞いて、相続税は特に信頼関係がないとお客さんに満足してもらえないのだなと実感しました。
誰が何を相続するか、小宅等の特例は誰が使うのか等等遺産分割案は多々あり、しかも必ずしも税額の安くなる案が採用されるとは限りません。という事は、お客さんがどういう決着を望んでいるか丁寧に汲み取らないとお客さんの満足のいく仕事はできないという事になります。相続の場合一見のお客さんの場合もあるので、本音を話してもらえる信頼関係をどう築くのか。何度も顔を合わせ、「気になったことは些細な事でも気軽に聞けるな」と思われて初めて重要な事でも相談されるのだと思います。「信頼関係」と言うのは簡単ですが、どうすれば得られるのか考えて行動しなければいけないと考えさせられる研修でした。

コメント

非公開コメント

私たちの仕事の本質的なところを突いたコメントですね。相続税だけにとどまらずすべての相談事案について言えることだと思います。簡単に信頼関係を築くとか頑張りますとか言うは易しですが、本当の意味でこれを満たすことは本当に難しいと思います。最近の若い人と接している(別に若い人に限った話でもありませんが。)と言葉は丁寧でそれらしい台詞を上手に喋るのですが、なかなか本質に迫る段階で尻尾を巻いてしまう事例を多く見るようになってきました。そんな事例などどこ吹く風で、mioさんが感じた世界に実質的な意味で踏み込んで行って欲しいと思います。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。