FC2ブログ

研修と癒し

~2014
09 /21 2012
今週は消費税の研修二回目。未学者の私も一回目で概要は掴めたのかな?と思っていたところ、今回は「実務でも判断が難しいよ☆」と先生のお墨付きの論点が待っていました。
「95%ルールの改正」「5億円超えると課税・非課税・共通の区分が必要」という話は聞いていましたが、実務家でも迷うような項目があるのだな、と実際の事案を挙げて説明して頂くとよくわかります。
改正項目があるときに研修を受けると、判断が分かれたり見解がまだ固まっていないような論点について色々お話を聞くことができ、実にラッキーです!

研修場所の江坂大同生命ビルはビル内に木立があって、お昼の休憩にぴったり。
癒される~と思いながらおにぎりを頬張っていると、目の前にすずめの親子が…ここビルの中だよね⁉

コメント

非公開コメント

私たちは学者ではなく実務家ですから、やっぱり実務の中で判断が固まっていない事案に、わりと頻繁に遭遇します。これをどう裁くのか?ってのが悩み事であり、腕の見せ所でもあります。税法そのものや各種判例を勉強すればするほどそういった事例が目に付くようになりますよ。

消費税の課否区分は間違えると直接消費税の金額に影響があり、ひいては法人税まで影響を及ぼすので絶対に間違えられません。なので、実務では特に念入りな監査が必要です。迷ったらしっかり確認してください。適当に課税区分の入力をして後で間違いだらけにならないように数多く事例にあたって身につけてください。
今の時期はいろんな研修でたくさんの知識を吸収して会計人としての基礎を積んでください。2人ともいつも研修の報告きちんとしてくれるので嬉しいです。

税制改正の研修も毎年あるよ~

消費税や法人税などメジャーな税目は普段から耳にしたりして改正点なんかも大体把握できてくるんやけど…マニアックな税目でピンポイントにこっそり改正されてたりするのんにも対応せねばならんから大変大変!

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。