FC2ブログ

1・17

~2014
01 /17 2012
1995年1月17日。
私は当時小学校一年生でした。

私は神戸からは少し離れた高砂市というところに住んでいましたが、ドーンという音と揺れで目を覚ましたのをよく覚えています。

何事かと思って一階に降りてみると、戸棚の扉が壊れたり、食器が割れたりしていました。テレビをつけると、神戸の街がめちゃくちゃになっていました。なんだか、これは本当に起こっている出来事なのかよくわからなかったというのが当時の私の感想です。

たくさんの人が亡くなり、傷つき、建物は崩れてしまった神戸の街。
憧れだった神戸の街がなくなってしまったとすごく悲しくなりました。

あれからもう17年もたつのですね。
当時7歳の私も24歳になりました。
この間に、神戸の街は生まれ変わり、すっかり美しさを取り戻しています。
だけど、商店街では客足が戻らず本当の意味では復興できていないところもあり、未だに後遺症に苦しまれている方もいらっしゃるそうです。

見た目にはもう素敵な神戸の街に戻っていますが、この日のことは忘れてはならないと思います。

神戸と、そして昨年地震と津波に襲われた東北が一日も早く本当の意味での復興をとげられることをお祈りしています。

コメント

非公開コメント

大地震、本当に怖いですよね。私は阪神大震災の時はまだ監査法人に勤務していたサラリーマンでしたから単に物理的な恐怖感だけを感じたのですが、今回の東日本大震災では事務所を経営している経営者として経済的な視点からも身震いしました。もし私の住んでいるところであんな地震が起こったら、自分自身や家族はもちろんのこと、事務所そのもの、事務所の全てのスタッフ、さらにはお客さんの全てをいかほどに守っていけるんだろうか?と考えると本当に心細くて...。実際に大地震が起こってしまったら、とにかく無我夢中で頑張るしかないんだろうけれども、「お前にその覚悟があるのか?」と改めて自然から問いかけられたような気がしました。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。