FC2ブログ

慰安旅行 3日目

さっちゃん
10 /31 2018

慰安旅行最終日はメインイベント!栃木のTKC本社に行って参りました。

むむ?最近読んだなぁとお思いの方...そのとおり、4日前のことです。私も書いてしまったので、あげちゃいますえいっ!

(以下まじめモード)

この日はまず、データを保管しているTISCを見学をしました。地震、雷等自然災害に対する備えをしていると、研修で聞いたことがありましたが、実際の施設を見てきました。施設内に入ると同じような扉が並んでいて迷いそうでしたが、あえて何の部屋かというのを書いていないようです。扉を開ける時に手をかざしていて、映画の世界みたいでした。静脈で人を認識していて、試しに野垣事務所のスタッフがかざしてみましたがもちろんエラーでした。また、24時間体制で機器に異常な動きがないか人の目で見張って頂いていました。24時間365日なので、休日、深夜に働いている人もいます。ありがたや。

次にカスタマーサポートセンターを見学しました。ご丁寧なお出迎えありがとうごさいます。

わからないことがあったら電話して、いつもお世話になっております。多くはパートさんで、2か月程研修を受けてから現場に出るそう。新しく建てたばかりで、建物がきれいです!設備も充実していました。

食堂

和室やカフェのような部屋もありました。

共同スペース

私語禁止のお部屋。座り心地を確かめる野垣事務所一行。

保育園も併設されており、すぐ預けてすぐ迎えに行けます。とても働きやすそうな環境が整っていました。

昼食は社員食堂で頂きました。

麺、丼、定食と充実していました。日替り定食がお値うち350円。しかも2種類!メニューが張られていたので、明日はどっちにしようかな~なんて悩んでしまうのでしょう。今回はお弁当をご用意して頂いており、このお弁当が素晴らしく美味しくて感動しました。飾り切りと盛り付けと手が込んでいて、人の手のかかったご飯はやっぱり良いなあと思いました。

最後は飯塚毅記念館を見学。独学で何でも習得されて、やりたい気持ちが原動力になるのだと感じました。印象に強く残ったのが、手形の灰皿。

その手のひらには“TAX JUSTCE”=租税正義 の文字が。事務所創立25周年に記念品として配ったそうです。右手に租税正義の信念を握りしめている意味が込められているそうですが、灰皿として使った人はいたのでしょうか。

見学をしてみて、データが物理面・セキュリティ面でしっかり守られていることを再認識し、たくさんの人の努力で今のTKCが作り上げられ、たくさんの人達に支えられて私達の日常業務が滞りなく行えていることを感じることができました。

濃い3日間で、とても楽しい旅行でした。こういったイベントがあると、また仕事頑張ろうという気持ちになります。まさに慰安旅行。今月もあと1日、頑張ります。

コメント

非公開コメント

No title

社員旅行3日間のブログ楽しく読ませてもらいました☆
TISCは、マイナンバー、顧問先のデータの保管を24時間体制で
見守ってくださるありがたい存在ですね。
写真では頑丈そうな建物を拝見してましたが中に入ることが出来たのは
貴重な経験ですね。
カスタマーサポートセンターも本社も働く社員さんの事を考えた
設計になっていて、社員食堂の定食も350円とリーズナブルで
精神面も健康面も手厚くカバーされていて、働いている方も快適ですね
記念館の手形の灰皿。。恐れ多くて灰皿として使える人いるんでしょうかね。。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。