FC2ブログ

ご相続の打ち合わせ

NGK48ママ
08 /10 2018
だれもが皆いつかは死を受け入れます。先月亡くなられた関与先様は、101歳で他界されました。心よりお悔やみ申し上げます。税理士事務所の仕事は人の死と向き合ってご相続の仕事が突如舞い込んできます。
.
担当のXくんと同行し、ご相続人の娘さんにお悔やみを申し上げ、お母様の思い出話を色々と聞かせていただきました。
101歳まで長生きされたお母様について娘さんに何か長寿の秘訣があるのかと尋ねると…。
.
すると娘さん曰く、お母様は大正デモクラシーの華やかな頃に青春時代を過ごされ、水泳やスキーなどされていたそうで大正時代に撮影された写真を見せていただきました。その写真は大和和紀の漫画「はいからさんが通る」の世界のようでした。

オリンピック選手代表にも選ばれた方(その大会は残念ながら中止で出場の夢は叶わなかったそうですが…)で晩年は90歳くらいまでは水泳の世界マスターズ大会に出場し、優勝や入賞をたくさんされてたそうです。お家にはメダルが山積みでした。
.
結局、長寿だったのは若い頃から晩年まで運動をしていてたからかなあと娘さんはおっしゃっていました。足腰の筋肉も同世代の人よりは多かったと思うとのこと。長生きの秘訣はズバリ「筋肉」と思ってしまいました。
.
お母様は最後は眠るように娘さんのそばで亡くなられたそうです。なんの治療もするわけでもなく本当の自然死だったそうです。
.
このような最後のお話聞いたのは初めてです。打ち合わせは終始和やかに終わりました。
いよいよこれからご相続の仕事が始まります。
.
ご許可をいただいて若かりし頃の飛び込みの写真と世界マスターズのメダル(一部)の写真がつぎのとおりです。
・大正時代の写真です。







にほんブログ村
.

コメント

非公開コメント

No title

大正時代の貴重なお写真、見ることが出来て感激です。
「はいからさんが通る」の時代をまさに生きられた方なんですね~
90歳まで大会に出場されていたとは!
水泳で若いころから筋肉を鍛えられていたからこその偉業だと思います。
私もまだ1件だけですが、相続のお仕事に携わり
相続税の申告は、その方が誕生されてからお亡くなりになるまでの
色々な人生や出来事を戸籍等の資料や相続財産、
相続人の方からのお話などを聞き取りさせて頂き、
次の世代の方にバドンタッチする尊い仕事だと思いました。
様々な人の気持ちや感情にも配慮しなければいけない分
奥深く難しいなあとも思いました。

Yokoさんもこれから巡回監査忙しいかと思いますが、少しずつまた相続の案件よろしくお願いします。
相続は知識の問題よりもお客様の気持ちを察することができる人しかできないと思っています。難しいですが、人の心を感じる能力がある人でしかできない仕事です。相続の仕事では心の矢印をいつも相手に向けられる人でないと難しいと思います。巡回監査も同じですけどね。まさに自利利他(まわりの人のために思いやり、行動すれば、まわりまわって自分に幸せがやってくる)の気持ちで仕事することですね。Yokoさんはそれができる人だと思います。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。