FC2ブログ

決算月の決め方

yoko
05 /23 2014
会計事務所にとって5月は、
3月決算の申告期限となるので、繁忙月となっています。

3月を決算月とする法人が多いのは、
上場企業に3月決算が多いためだと考えられますが、
一般の中小企業にとっては決算月は自由です。

事務的な面で自社の繁忙期と決算が重なってしまわないようにずらしたり、
売上の変動の多い月を決算とすると、予測が立てにくかったり、
消費税の免税の期間を長くとれるように設定したり、
会社の決算月は様々な事を検討したうえで決めることが大事です。

会計ソフトの入力

yoko
05 /15 2014

会計事務所の仕事として、ひと昔前は
伝票を作成して会計ソフトへ打ち込む業務は
専門性があり職人技として重要な業務のひとつでした。
正確な試算表を作成することは、今でも重要で知識も必要ですが、入力に関しては、ノン伝票型の入力や、
会計ソフトの機能のアップ、パソコンの普及による
一般経理の方の処理が簡単になっなりなど、
業務の価値がないものとなっています。
海外の安い人件費を頼り、入力作業を海外に外注に出すなどもここ数年盛んになっています。
今取り組んでいることは、野垣事務所としては自計化先がほとんどのため、
通帳のデータを会計ソフトに直接取り込むことで顧問先の入力にかかる省力化です。
取引量も多いと入力にかかる負担も相当なものにります。
今後は、通帳だけでなく、クレジットカードの明細などからも自動で仕訳が作成できるようになったりなど
ますます入力の自動化が進むのだろうなと思ってます。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢13名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。