温故知新

~2014
08 /31 2013
事務所に配達される「広報いけだ」。
池田っ子だったこともあり、時々チェックしてます。
中でも歴史ネタ!
今回は「今も昔もかわらないな~」というのをしみじみ感じました。

テーマは「麻田(現在の大阪府豊中市蛍池)藩の財政再建策」
その中に挙げられていた対策の一つが、年貢米の収納法を検見法から定免法にしたこと。

「実際に代官が田んぼを見てどれくらい取れたかを基にして税率を決める検見法の方が公平やん!過去数年間の収穫量を基に率決めちゃう定免法やと不作の年どうするん?」
と、学生の頃は思っていたのですが。

年貢を取る藩の方から考えると、早い話が収入が安定しないってことです。
江戸時代の藩なんて士農工商とは言っても、豪商に多額の借金があったりするところも多く、麻田藩もご多分にもれず。
そう考えると、なるほど
「年貢がどれだけ入ってくるかは田んぼ見てみな分からんから、あんたとこにいくら借金返せるかはその時になってみな分からんわ~」
というより、
「うちは過去のデータを基に毎年一定の年貢が入ってくるから、今年はこんだけ、来年はこのくらい返せると思うねん。」
という方が
「だ・か・ら、利率下げてちょーだい!」「期限のばしてちょーだい!」とお願いしやすいのは当然。

この構図、どこかで見たような?
そうだ、中期経営計画があると金融機関とリスケジュール等の交渉がしやすい、というのと考え方は同じってことか!!

いや~昔も今も人間は同じなのだから、起こる事象も共通ならその対策も共通だったりするのだな、と開眼しました。

点と面

~2014
08 /30 2013
面分業ということば、お客さんのところで目にしたのですが、「分業」はわかるとして「面」てどういう意味だろう?と調べてみました。
「点分業」というのは主にひとつの近接する医院からの処方せんを受けることで、複数の医療機関からの処方箋を受けるのが面分業ということのようです。

確かに大きい総合病院のそばには薬局のあることが多いですよね。
基本的に病院に行く時って体調不良の場合なので、病院でさんざん時間かけてからさらに薬局によって処方に時間がかかるというよりも、病院からまっすぐタクシーで家に帰って、休んでから近所の薬局に行ける方がずっと便利だな、面分業の薬局が近くにあったら便利だな、なんて単純に思ったのですが。
面分業だと、患者さんがどこの病院の処方箋でも自宅の近くの決まった薬局に持っていき、情報の一元管理ができるという、患者さんの安全に関わる大きなメリットがあるみたいです。

花粉症の私など、花粉の時期は、耳鼻科に皮膚科、場合によっては内科にも!というように同時に複数の病院にかかることがあります。
各病院で様々な薬を処方されるのですが、それぞれの薬が相互にどのように作用するのか等まったく知らないで、多い時は一日に5~6種類の薬を飲んでいたりします。
考えてみると、確かにコワイ状態だな~。

自宅の近くに面分業の薬局があれば、処方箋はそこに全部持っていくだろうから、プロの目で薬の飲み合わせ等をチェックしてもらえます。
「面分業ってすばらしい!さっそく自宅近くの薬局がどちらかチェックしよう!!」と思ったところで、ハタと気づきました。

私のかかりつけの病院はほぼ全て院内処方だった…。

事業の用に供する

yoko
08 /29 2013

先日、決算対策に関する打ち合わせを顧問先の社長と行いました。
その時に新店舗を出店するための費用の取り扱いについて話が及びました。

店舗の内装や機械については、資産計上にとなりますが
30万円未満の備品などについては、全額償却することができます。
その場合の条件が「事業の用に供する」になります。
平たく言うと、事業に使用しているかどうかということになります。

新店舗で使用する備品は、オープンして営業活動に使用していなければ
30万円未満であっても貯蔵品などの資産になります。

今回は話の中で新店舗の工事を行ってからオープンまでは2か月
かかるとのことでしたので、ギリギリのラインだという説明を行いました。

パソコンなどについては、初回の起動時のログが残っているため
決算日間際に納品されている場合は、
税務調査でログの確認をされた経験があります。

「事業の用に供する」の正しい認識が大切です。



経営支援実務研修会

~2014
08 /26 2013
今日は研修へ行ってきました。
経営革新等支援機関(認定支援機関)とは何か。
定支援機関として何をしたら良いのか。
色々と聴いてきたのですが、その中でも強調
されていたのがお客さんの状況を掴んでおく
ことの大切さでした。
制度があってもお客さんに対してどうやって
当てはめたらいいかわからなければ活用でき
ないからです。
まだお客さんの状況を掴む機会は少ないです
が、まずは制度について知ることから始めよ
うと思います。

キャッチー

~2014
08 /26 2013
今度から記帳に携わることになったお客さんは自分にとって初の医療系のお客さん。
自分は巡回に行かないので、どんなお客さんなのか知りたくてまずはHPをのぞいてみました。

サービスの内容を見てビックリ!
「こんなにいろんなサービスのある薬局、行ったことないし~」というくらいもりだくさん。

ことに感動したのは、感染症用隔離コーナー。
風邪やインフルエンザの季節、病院や薬局には患者さんがたくさんいてゲホゲホゴホゴホやっているのが常。
まだかかっていないときは「病院や薬局行った方が病気になるっちゅーねん!!」となるし、すでに感染しているときは待合室で咳ひとつするのも肩身が狭いし…。
という状態に辟易していた人間にとっては、すでに感染してはる人は待合場所がちょっと別というのはほんとにありがたいです。

サービス内容だけでなく、HP自体もとってもキャッチー。
職員紹介もマンガ仕立てでかわいらしく、いかにも職員さんに親しみを持てる感じです。
見習わなければ、と勉強になりました。

初決算

yoko
08 /24 2013
8月に入ってから、入社してからの初めて決算作業を行っていましたが
ようやく押印頂く手前までほぼ完了する事が出来ました。
初めてのソフトを使用し、書面添付などの書類を作成するのも
初めてだったため、今どのくらいの工程が終わっていて
あと何をすべきなのか、不安な状態で進めていましたが
一通り終えてみてようやく全体像をつかむことが出来ました。

決算作業も処理方法を検討したりなどの「考える」部分と
内訳書や申告書作成の「作業」の部分に分けられると思います。
「考える」部分は基本的には月次決算で行い
決算時点ではほぼ検討内容の総確認程度であることが理想です。

作業部分は非常にすぐれたソフトなので
慣れれば非常に効率的に行うことが出来ることを実感しました。

今回の決算は両者とも同時並行で行ったため
非常に時間的がかかってしまいましたが、
全体像がつかめたため翌期の決算はスムーズに行えるように
努力したいと思います。

資金繰り管理

yoko
08 /19 2013
顧問先に新しく経理の担当の方が入られたので
証憑の整理方法やソフトへの入力方法の説明に行きました。

担当の方は長年経理をされていた方のため
説明についてはすぐに理解して頂きました。

この顧問先に前々から財務のソフトにある
資金繰り管理の機能を導入したいと考えていましたが、
月次を追いつかせるに精一杯だったためまだ実施できていませんでしたが
経理の方も入られたのでこれを機に導入しようと考えています。

今日はさわりの部分のみの説明でしたが、
取引をひとつ入れるだけで、
買掛や未払の発生の仕訳の計上と、
いつ支払いがくるのかの管理ができる便利な機能です。
取引をすべて入れ込めば、何月何日にどれだけの資金が必要か
一目で分かりますので、経営者の資金繰り管理に非常に役に立つと思っています。

また、取引先への振込口座を登録すれば、
インターネットバンキングで振込できるデータも作れるので
一石三鳥の機能です。

来月末の総合振込から機能を使えるように
体制作りを整えたいと思います。

事務所の場所

~2014
08 /18 2013
先週事務所で就職説明会があり、何名かの
方が事務所にこられました。
私も説明会で何度か来たのですがその都度
迷っていたことを思い出しました。
駅のどこから出たらいいのか、どの建物か
入り口はどこか…。

入所して数ヵ月、元からの方向音痴は変わ
りませんが、この辺はある程度わかるよう
になりました。
道に迷う気持ちはよくよくわかります。
駅に着いたけど今自分がどこにいるのかわ
からないといった場合でも、遠慮せずに事
務所までお電話下さい。

カラダにやさしく

~2014
08 /17 2013
先輩の補助として、大口のお客さんの大量の記帳をするようになりました。
店舗数も多いため、証憑も入力数も多い多い!
テンキーで一気にまとめ入力しているのですが、終わった後は肩はガッチガチ、目はカッサカサ。
肩コリもドライアイも、もともと持病とはいえ、なかなかにツライ…。

なんか改善方法はないか、と考えていたところ、ありました!
タッチの軽いテンキー。
事務所の備品のテンキーはキーが少し固めでしっかり押さなければいけないのですが、先輩から借りたテンキーはキーが浅めで軽く押してもバッチリ反応(色もかわゆいピンクです☆)
これなら大量の入力をしても、少しは肩が楽かな?なんて。

たかが道具、されど道具。
できるかぎり身体に負担をかけない方が、短時間で効率的に、集中して仕事ができるわけだから、道具でもなんでもできる工夫はすべてやっていかなければ。

そういえば、当事務所の特製用紙、生成りの地にうすい緑の罫線が入ったものなのですが、これも眼に対する配慮という話を聞きました。

大量の書類を読み、書き、パソコンとにらめっこする会計事務所の仕事柄、肩こり、目の疲れ等等の症状はもう職業病ですが、細く長く、できるだけ万全の状態でこの先も仕事を続けられるように、ということを考えるようにします。

ニーサ

~2014
08 /16 2013
ちょこっとだけ証券投資をしている親戚から、「ニーサっていうのができたんだって?」と聞かれました。
「はいはい、少額投資の非課税制度ね。ニーサ(NISA)ってカワイイ愛称だよね。」
ちょうど事務所の研修で証券会社の方にお話を伺ったところだし、ラッキー☆
と思いながら拝聴していたらドカンと爆弾が。

「でも、証券会社の人に勧められて口座はもう作ってるからOKやんなぁ?」

「!!いやいやいやいや、ちょっと待ってぇ!?」
そこからか!
それはただの特定口座であって、新規購入の上場株式等の配当金等が毎年100万円まで非課税になるNISAの口座ではありません!!

というわけで、まずNISAの口座を開設しなければいけないんだよ~というところから説明したのですが…

「え、全部の証券会社で口座作ったらダメなん?前はOKやったけど??(それは特定口座です)」だの
「非課税は5年間だけど、10年間いけるってどういうことなん?」だの質問が続き、
あげくのはてには、
「だから、どういうことなんよ、どうすればいいってこと?わっかりにくいねん!」
……親戚だからこその遠慮のないツッコミです。

確かに、自分でも、証券会社の方のお話はあんなにわかりやすかったのに、それを全く自分は伝えられてない、という感はありあり。
お客さんだと、心の中で「わかりにくいな」と思っても、ここまでむき出しに「わからん」と言わずに飲み込んでしまうかもしれません。
親戚にハッキリ言ってもらうと、自分のできてなさがよくわかり、ありがたい勉強になりました。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢13名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。