月初会議

yoko
04 /30 2013
野垣事務所では、毎月、月初会議を行っていて
一日会議や研修を行っています。
今月は、明日から連休に入るため1日前倒しで行いました。

まずは所長から事務所の現状や方向性の話があり、
今月の決算の進捗が月次巡回監査の状況の確認等行いました。
その他届出の提出状況の確認など
細かな点の進捗の報連相を行いました。

法人税の税制改正の所内研修を行い
午後からは企業防衛会議、不動産研修と続きました。
不動産研修では、実際に不動産会社で土地を評価する際に
どのような考え方や手法で行うかの研修があり興味深かったです。

その後、税制改正の研修の続きで
所得税、住宅税制、相続、贈与税を確認し一日終了しました。
新人4人で税制改正の分担を行い発表を行いましたが
先輩方からの実務に即した質問にたじたじになったり
宿題が残ったり色々ありましたが
フォローされながらも無事終えることができでほっとしました。

連休明けから5月が本格稼働しますので
頑張っていきたいです。

文化祭

~2014
04 /30 2013
母校が改修されるという話を聞いて、ひっさしぶりに母校の文化祭に行ってきました。
変わったところも多いけれど、変わってないところもあり…昔木登りした木は健在だけどこんなに小さかったかな?教室から見える景色は変わらないけど、こんなに教室小さかったっけ??
授業中もぼんやり外見てたり、放課後は友達と木登りして何時間もおしゃべりしたりと今思えばずいぶん贅沢な時間の使い方をしていたと思います。

所属していたギター部の演奏を聴きながらつくづく感じたのは、時間は有限だな、ということ。
文化祭で最高の演奏をするために残された時間を数えながら精一杯練習したように、3年間しかない時間の中で1年生より2年生、2年生より3年生と日々より上手くなるように――学生時代が終わってしまった今だからこそ気づいたことだけれど、有限の時間の中で精一杯やってきたんだな、と今までで一番の演奏をしているであろう後輩たちを見て感慨深かったです。

社会人になると学生生活のように3年、4年という期限がなくうっかりすると日々なんとなく過ぎて行ってしまいそうになります。
でも、実際には時間は有限、というのは学生時代となんにも変らないはず。
もっと時間を惜しむべきものとして、日々過ごしていかなければ、と感じました。

tree.jpg

環境会計

~2014
04 /29 2013
「すっごく面白いんですよ!」と大学生の元教え子が教えてくれたのが、環境会計。
寡聞にして今まで環境会計を知らなかった私に、大学の講義ノートを引っ張り出して説明してくれました。
環境と会計との結びつき、調べてみると確かに意外性があって面白い!
小難しいワードで言うと、
「企業等が、事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位又は物量単位)に測定し伝達する仕組み」。

環境保全のためのコストは、CO2削減やリサイクル費用等素人目にはまだ測定しやすい気がするのですが、効果ってどんな風に数値で測定するんだろう?
やはりそこのところは試行錯誤中なのか、単位もt(トン)だったり円だったり、効果の種類も将来のリスク回避効果、顧客効果等を含めた幅広い内容だったり、基準は企業によっていろいろの様子。

会社も利益追求団体である以上、「環境にええならやろか。」と単純にならないのは当たり前。
でも、目に見えない効果を数値にすることで、環境に良い=企業にとっても効果がある、とその効果を目に見えるようにすれば経営陣の意思決定に与える影響もぐっと大きくなると思います。
会計がそんな形で環境保全の手助けをすることもできるなんて、会計の力の奥深さを感じました。

給料計算ソフトで初計算!

yoko
04 /26 2013

今月入ってから新規のお客さんのところに、
TKCの財務と給料計算ソフトの導入を進めていて、
今日が給料計算ソフトを使って初めての給料計算でした。

慣れれば毎月計算にかかる時間はほんの少しの時間で完了しますが
今回は、はじめてのため時間をかけて丁寧に行いました。

これまで、ソフトのインストールから会社情報や社員情報の設定を行ったり
給料体系や交通費の設定など何度も足を運んで
お客さんと協力しながら行ってきましたので、
今日無事計算も出来て、源泉税の納付書まで作成できて
本当に良かったです。

私自身、TKCのソフトは初めてでひとりで導入の指導が出来ないため
毎回同行頂いての作業でしたが、
次回からは独り立ちして行えるようにならなければ!

次回は給料計算後、ネットバンキングで給料振込みをする予定で
財務の方もあわせるとまだまだ課題はたくさんありますが、
お客さんが少しでも事務にかかる時間の短縮や正確な業績の把握が
出来るようにお手伝いしていきたいと思います。

パンク

~2014
04 /25 2013
今朝は雨がパラついていたのですが、思い切って自転車通勤・・・ですが、何と池田駅まで来た所でまさかのパンク!
こんな事ならスッパリ諦めて電車で行くべきだったかと、ちょっと凹んだ一日でした。

そんな事はさておき、今日は消費税の課税期間を短縮したお客様の申告作業を行いました。
何故わざわざ課税期間を短縮したかというと、還付を受けるために行ったのです。
税法の教科書では、「課税事業者を選択するには、課税期間の開始の日の前日までに云々」とは書いてあっても、「どうにかして課税事業者になって還付を受けたいんやけどー」という質問には答えてくれません。
ルールに則った上で、目的を達成する。今回の還付を受けるための届出などは、何れもちょっと勉強した人間なら当然の知識ですが、それらを組み合わせて利用する。
卓上の学習には無い発想で、上手く出来てるなと、妙に感心してしまいます。

豪華

~2014
04 /23 2013
4月になってから、ポツポツと研修に参加させていただいてます。
江坂ビルでの研修が専らですが、今日の研修の会場はななんと、阪急インターナショナルです。
正直、自分の生活では全く縁の無いハイソな?建物です。
足を踏み入れるのも、昨年の経営革新セミナーと併せても2回目。

肝心な内容の方も、東京のTKC会員の先生に講演をしていただいたりで、4時間のビッチリとした研修で、豪華なものでした。
でも、研修疲れ?と慣れない空間のせいか、帰りの下りエスカレーターで迷ってしまいました。
軽いおのぼりさん状態で、ちょっと恥ずかしかったです。

伝言ゲーム?

~2014
04 /22 2013
お世話になっている美容師さんとお話し中、棚卸の話が出たので、「お客さん側の棚卸を聞くチャンス!」といろいろ伺ってみました。

シャンプーやコンディショナーなどなど、お店用もあれば販売用もありひたすら数も種類も多いのだから考えるだにたいへんそう。
「数が多いと時間がそうとうかかるんやないですか。」と伺うと
「数だけちゃうねん。商品名を書き出して提出したんだけど、商品名じゃ何かわかりませんってダメだしされてやり直し。何書けばよいのかしっかり聞いとかんかったから、二度手間。自分でやるんちゃうからね、人にやってもらう訳やから指示を出すのもたいへん。」

確かに会計事務所の人間はすべての職員さんにお会いして、直接お話しするということはなかなかできません。
こちらは店長や社長に棚卸等をお願いし、店長や社長がさらにそれを他の人に伝えるということを考えると、伝言ゲームのようにならないように、何をやって頂かないといけないか誤解の余地がないくらい明確にお伝えしないといけないな、と感じました。
自分の中で、「このくらい言えば伝わるだろ。」という思い込みがないか、振り返る機会になりました。

入力

~2014
04 /21 2013
最近、事務所の領収書や通帳を見ながら入力をしています。
それぞれの取引がどのような仕訳になるのか。
これまで何の気なしに見ていたレシートや請求書についても
少し考えるようになりました。

自計化という言葉は研修などでもよく耳にします。
ただこれまで経理を触ってこなかった人にとっては
とっかかりにくいだろうなと実際にやってみて思いました。

こういったとき手助けするのも会計事務所の役目です。
まずは自分でしっかり理解して身に付けて、
お客さんの役に立てるようにしていきたいと思います。

生産性のはなし その2

yoko
04 /21 2013

私が社会人なりたての本当の新人の時、
仕事には判断と作業の部分があり、
それを分けて行うことが生産性向上につながります。
と口酸っぱく言われました。

一般的な会計事務所の仕事には、
税務的な「判断」を行うことと、記帳や申告書を作成する「作業」とに
分けることが出来ます。

例えば、通帳や現金の領収書を会計ソフトに入力するときは、
記載されている内容や顧問先が記入したメモ(例、コーナン 部品代)から
科目を判断して入力しますが、何の支払いかわからないときは、
過去の取引をさかのぼって同様の取引がないか確認したりします。

その時に不明点が発生する都度、確認作業を行うと
非常に時間がかかりますので、
まずは内容をざっと目を通して不明な取引は科目を特定してから
一気に入力作業を行います。

野垣事務所では、ほとんどの顧問先が自計化が進んでおり
所内で入力の仕事を行うことは少ないのですが、

私が担当している新規の顧問先で
自計化を立ち上げる段階で取引を把握するために
数か月だけ所内で記帳を行っていて
久しぶりに入力作業を行っているのですが、
「判断」と「作業」を分けてを思い出して実践中です。

お客さんのお客さん

~2014
04 /21 2013
お客さんの売上の秘訣はなんでしょう?
どのようにヒアリングすればよいかいつも試行錯誤しているのですが、先日研修で耳よりな話が。
飲食店のお客様とのことで、時々巡回時にはそのお店で食事して「メニュー増えましたね。」とか話のきっかけにするそうな。
なるほど、お客さんのお客さんになるといろいろと感じとることもありそうです。
といっても、職種によってはなかなか難しいところですが…。

今回訪問時に、たまたまお客さんの専門分野について教えていただく機会があり、お客さんがお仕事の話をされるときのトークの一部を垣間見せていただくことができました。
条件を様々に変えたシミュレーションに基づいて話して下さるので、素人にもとてもわかりやすいです。
説得力ある話しぶりの根底にある、「絶対お客さんのためになることだから!」という確信が私にも伝わってきました。
こうやってお客さんとの信頼関係を築いてはるんやな、と思うと非常に勉強になりました。

お客さんから教えていただくことの多さに、「感謝」の一言です。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢13名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。