FC2ブログ

新人研修

~2014
04 /07 2012
木曜日の朝は、公益法人の研修。
タメゴロー先輩、ありがとうございます。

今回は、正味財産のお話。
正味財産とは、企業会計で言うところの、純資産。

前回の基本資産や特定資産のお話となんだかうまく整理がつけられなくて
何がどう繋がっているのかわからなくなります。

寄付をもらったら仕訳はどうなる?
というタメゴロー先輩の問いにも
さっぱり答えられずでした。

もともと仕訳がパッと浮かんでビシッと処理できるタイプではないのですが、公益法人の会計ではさらに仕訳が浮かびません。

難しいですが、
お客様からは実際に仕訳どうするの?と質問されるそうです。

いまは先輩に質問している立場だけれど、いまのうちにいっぱい質問して、答えられる立場にならないといけないです。

最近の仕事

~2014
04 /05 2012
毎月のこの時期の私の仕事。
事務所の請求書作りがメインです。

事務所の経理は新人2人で分担で、月次の会計データの
入力と棚卸はハッツァンの担当、請求書の発行は私の
担当です。

全関与先の入力をしてハッツァンが作ってくれた会計の
データや棚卸とチェックをして、それが終わったら
奥さんに提出をしてチェックをして頂きます。
間違い箇所を修正していよいよ請求書の印刷です。
印刷が終わったら一枚一枚印鑑を押して、封筒に入れて
郵送の準備ができたら終了です。

この時期がくるとちょっとだけ肩に力が入ってしまいます。
間違った請求書を作ってしまったらお客様にとても迷惑
がかかってしまうし、事務所にとっては大切な売上。
入力から郵送の準備まで全部気が張りつめてしまいます。
いつかは慣れてきて肩の力も抜けるのかなぁって思って
いましたが、今はそんな気配はありません。
そして、なかなか減らないミス。毎月どこかに間違いが
発生。
巡回監査と同じで、いつまでも私のあとにチェックをして
くれる方はいません。
自分のチェックで完ぺきに仕上げていかないといけない
です…。
目の前にある資料と正しく合わせるだけでなく、いろんな
可能性を考えて不足しているものも考えていかないと
いけないなと思います。

今月の請求書業務、まだもうちょっと続きます。
最後までがんばります。

桜と強風

~2014
04 /04 2012
昨日の朝、
いつものようにギリギリ
ダッシュで出勤。

息切れして、ふとみると、
桜並木にふわり
花がさいていました。

近くで見たかったけど、
そんな場合ではなく、ダッシュ再開。

帰り道、絶対桜を見て帰ろ
なんて思っていましたが…

お昼前後から
ヒューっと風が吹き始め、
ザーザー雨が降り
春の嵐
というよりは、大型台風が
やってきた??と思うような
お天気に…

あ~
あの桜、せっかく一番乗りで
咲いてくれたのに、
こんな風にやられて
散っちゃったんやろうな
切ない気持ちになりました

今朝、昨日と同じように
朝から猛ダッシュ
そして、息切れ

そして、桜並木をみてみる
すると
昨日と同じように
薄い薄いピンク色
ふわり

桜、散ってなかった!
なんだかすごく嬉しい
あったかい気持ちになりました
桜、無事でよかったな

ふわりふわりと
桜のつぼみ
ほころぶ季節
大好き

そして、大好きなヨシミツ先輩
お花見しようと誘ってみたら
いいよって言ってくれました

わーい(*^^*)
楽しみ

研修日

~2014
04 /04 2012
昨日は早朝新人研修と午後からはNGKママさんの研修。

お忙しいなか、研修の時間をとっていただけること、本当にありがたいです。

早朝新人研修は、巡回監査編。
先週からテキストを読み返して、自分なりに巡回監査とは何かを要約。

企業会計原則を守るため
お客様の経理レベルを上げ、即時的な経営アドレスをするため
信頼関係を築く
証拠能力を高めることで税務署側にもメリット…

テキストの字面の要約はこのような感じ。
学校では丸がもらえるだろうし、
自分でも、要約できたかも、理解できたかもなんて思っていました。

けれども、これは表面だけの要約。
巡回監査とは何か、なぜ必要なのか、
半年研修を受け続けているにも関わらず、
私は本質を理解できていません。

そして、理解できていないことすら、所長に言われるまで気がつきませんでした。

自分の中に落とし込み、それを言葉にして相手に伝わりやすい形にアレンジして伝えるという力が私は圧倒的に不足しているようです。

不足していることばかり嘆いても仕方がないので、この研修のテキストを読み込み、自分のものにする訓練をします。

午後は、NGKママさんの研修。
前半は巡回監査に使うシステムの研修。
実際に私が入力したものを使っての研修でした。私の入力間違いを、システムを通じて訂正し、巡回監査の流れを再現しながら教えていただきました。
今はこうして、私が仕訳を直してもらう立場で、必ず事務所の誰かが助けてくれる状況だけど、巡回にでると、そうはいかなくなります。早くレベルアップしないと、今のままでは会社のことを熟知されている経理担当者の方にアドバイスなんてできません。焦りの気持ちが生まれました。
漫然と入力している場合ではないです。

後半は短期利益計画のシステムの研修です。
これも、実際のお客様を例に進めていただけたので、難しそうという決めつけをすることなく、素直に研修を受け、理解することができました。
利益計画を立てることは、資金ショートを防ぎ、お客様に注意喚起するだけでなく、
お客様と一緒に納得しながら計画を立てることで、結果的にお客様の望む決算とならなくてもトラブルになりにくい、という会計事務所側のメリットがあることも教えていただきました。
そのためには、システムを操作しながら、社長さんともしっかり話せなければならず、それがなかなか難しいと教えていただきました。
難しそうです…
でも、事前にしっかり準備して、社長さんに計画を立ててよかったなと思ってもらえるようになります。

昨日は、大きな概念を捉える力もなく、細かな実務的な力もないと改めて実感し、悔しい一日でした。

新人だから、若いから仕方ないと開き直らず、この気持ちを忘れずに、研修で学んだことを自分のものにしたいです。


長くなっちゃいました。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

新人スタッフを迎える社長の言葉

所長
04 /04 2012
 こんな言葉をネットで見つけました。理容師、
美容師の業界の社長さんの言葉のようですが
私達会計事務所の世界でも丸っきり同じこと
が言えますよね。

 座布団1枚!って感じでアップしました。 


<新人スタッフを迎える社長の言葉>

学生と社会人との大きな違いってね、
学費を払っていれば、授業を受ける「権利」が
あった。君たちは、いわばお客さんだ。
ところが社会人になると、君たちは
もうお客さんじゃない。
お客さんからお金をいただくという
「責任」が発生する。
「権利」から「責任」へと大きく変わるんだ。

そして、もうひとつの大きな違い。
今から10年前の小学校時代を思い出してごらん。
算数の時間に先生が、「ここに4コのリンゴが
ある。これを3人に分けるにはどうしたらいい」
と質問があったとするね。
ひとりの生徒が答えたんだ。
「1つは仏様にお供えをして、残る3コを
1人ずつ分ける」とね。
この答えは間違いなんだ。1人につき1コと
3分の1ずつを分けるってのが正解だから。

でも、社会人になるとね、「1つは仏様にあげて
残る3コを1人ずつに分ける」っていう答えが
正解になるんだよ。

ましてみんな理容師、美容師になるんだろ?
まず、仏様にお供えするっていう、やさしい
気持ちが最優先されるんだ。
ようこそ、当店にいらしていただけました。
精一杯やらせていただきます、そんな気持ちが
何よりも大事。
そして心の中でお客さんに手を合わせる。

そういうことの積み重ねが、これから
携わる理容師、美容師の仕事なんだよ。

すると、どういうことが起こると思う?

奇跡が起こるんだよ。

こんなによくしてもらってありがとう、
今度はお客さんから、心の底で
手を合わせてくださるから。
おまけに喜んでおカネまで払ってくださる。

理容師、美容師の仕事ってね、
そうやってお客さんを幸せにすることができる、
とってもすばらしい職業なんだよ。

いつまでもこの気持ち、
忘れないでほしいな。

内と外と

~2014
04 /03 2012
どこまでが、事務所の中の人だと思う?
と所長に聞かれました。

当たり前に
所長、NGKママさん、H先輩、T先輩、ヨシミツ先輩、タメゴロー先輩、イッシャンが事務所の中の人だと思いました。

けど、所長はそれだけじゃなくて、お客様も提携企業の方も立場が違えども内だと思うと言われました。

その話を聞いたときは、わかったようなわからなかったような、あやふやな感じでした。

けれども、自分がお客さんの立場になると、やっぱり、自分のことを認めてくれて、心を開いてくれる方のところに行きたくなるしそういうところで使うお金は惜しくないなと思っているなと気がつきました。そして、大好きなお店の方々に聞いてみると、みんな、同じように、スタッフもお客様も同じように身内のように思うと言われていました。
もちろん、私は経営者ではないので、社長さんが会計事務所を選択するような大きな決断をする気持ちを完全に理解することは出来ないけれど、多分、私がこのお店のこの人に相談すれば間違いないなと思う気持ちと同じ種類のものなのだろうと思います。

この感覚を思い出し、所長のお話が自分の中でスッキリした気がします。

4月から、いよいよ、私も外に出ることになりそうです。
不安だし、怖いけれど、まず私の方から心を開いて、お客様のところに行こうと思います。

月初

~2014
04 /03 2012
今日は4月最初の出勤日。
毎月最初の出勤日は事務所全体の会議です。

朝9時から月初ミーティングが始まり引き続き11時からは
企業防衛会議です。
12時からお昼休憩を挟んで午後からは約1時間の不動産
研修。

月初ミーティングでは事務所の方針や今後について所長から
お話があり、その後業務のスケジュールや決算が近いお客様等
の確認、そしてT社のIさんからのお話があります。
その後の企業防衛会議にはD社の方に来て頂き、お客様への
保険提案等についての打ち合わせです。

4月からは巡回に出させて頂きます。
入所した頃のように「何を話しているのかさっぱりわか
らない」ではいけないと思いながらもなかなかどんな
スケジュールで一人一人のお客様とどのように付き合って
いったら良いのかまだまだわからないことがたくさんです。
先輩方のように何件ものお客様を担当して上手にスケジュール
管理をしてお客様のことを全てわかって担当していくことが
できるのか不安が大きいです。
今日は自分がお客様を担当した時のことを少しイメージ
しながらミーティングに参加しました。

午後からの不動産研修はN社の方に来て頂き今日は「土地の見方」
についての研修でした。
不動産なんて詳しくないし難しそう…と最初から決めつけて
研修に参加していましたが、よくよく聞いてみると
話の内容が少しずつわかってきて面白く感じました。
所長から不動産の研修は相続税と直接関係のある研修だと
いうことを教えて頂きましたが、以前先輩の相続税のお手伝い
で測量に連れて行って頂いたときに、今日の研修で受けた
土地の境界について実際の場所で教えて頂いたことを
思い出しました。
不動産の研修が相続税とどう繋がるのかまだほんの少し
しかわかっていませんが、私の身近にあることは会計事務所
で仕事をする為に大切なものなんだと思います。所長に指摘
して頂いたように
アンテナをはって広い視野で生活していこうと思います。

コピー業務

~2014
04 /02 2012
今日は、コピーのお仕事をしました。
大役です。

相続でいらっしゃったお客様の大切な資料を一枚一枚コピー
原本をなくさないことはもちろん、
コピーのしわすれも許されないのです。

たかがコピーと思いがちで、
入所してすぐのころにNGKママの相続関係のコピーを
頼まれた時はがーっとコピー機にかけ、
確認もせず、できました!と提出しました。
これでは、自分では完璧!なんて思っていましたが、
全然コピー業務ができていません。

その時に、相続税は資料がすごく重要なこと
コピーの前後で必ず資料の確認をしなければならないこと
確認して、コピーして、コピーが欠けていないか
資料を紛失していないかを確認して、さらに原本を元通り
にするところまでがコピーのお仕事だと教わりました。

今日も、相続のお客様からお預かりした資料のコピーですから、
以前教わった通りに、
緊張してのコピーです。

なんども確認し、漏れがないか紛失していないかと
立ち止りながらコピーをしていると、
上の階で同じくコピーのお手伝いをしていた
イッシャンが、お客様のお子様が退屈してきてるからできるだけ早く!
と知らせに来てくれました。

確認をしなければならない、でも、スピードアップ
早くしなきゃ、でも失敗は許されない。
とにかく、落ち着こう。
あせりましたが、なんとか終えることができました。

今日一番の緊張でしたが、無事コピーができて
一件落着です。

簡単そうに思えるコピーですが、
お客様にかかわる大切な資料を扱う作業。
なんとなくではなく、しっかり確認そしてすばやく、
正確にこなしていきたいです。

今日は少し寒かったですね。
はやく桜が咲きますように。

19時。そろそろ家に帰ります。

新人研修

~2014
04 /01 2012
木曜日朝8時からは新人研修公益編でした。

タメゴロー先輩、ありがとうございます。

この日は、公益法人の固定資産がテーマ。

公益法人では、固定資産を基本資産、特定資産、その他の資産に分類します。
基本資産はその法人に不可欠な資産で、取り崩すには理事会や評議委員会、社員総会そして主務官庁の承認がいる。
特定資産は使用目的が定められている資産。
その他の資産はそれ以外の資産。

基本資産、特定資産は制約が多いため、実務的にはほとんどがその他の資産に分類されるそうです。

こうしてブログを書いていて生まれた疑問。
そもそも、なぜ、このような分類をしなければならないのか。

考えてみると、法人を運営するために必要な資産の流出を避けるためなのかなと、思いました。

では、なぜ、企業会計ではこのような分類や取り崩しの承認が不要なのか。

それは、公益法人と企業では目的が違うから…????

だんだんと、こんがらがってきました…

もう一度復習し、疑問点を整理して、
タメゴロー先輩に質問しようと思います。

野垣事務所 職員

 野垣公認会計士・税理士事務所は所長含め総勢12名。有資格者・資格取得を目指して勉強中の者、年齢・性別も様々な職員で構成されています。